仕事はイメージ出来るけれど

役員運転手という職業を知っていて、どんな仕事かもイメージできる方は多いでしょう。では、実際に役員運転手になった場合どんなことが求められるのか、その必須スキルをご紹介しましょう。

礼儀やマナーが何より大事

役員運転手はその名のとおり、会社の中でも役員という立場の方に付き、専属で運転手を努めることです。会社の顔でもある役員の側で働くということはそれなりの礼儀やマナーを身につけておかなければいけません。最低限のビジネスマナーはもちろんのこと、ドアの開け方や荷物の届け方など、細かいことも含めれば想像以上に多くの礼儀やマナーを覚える必要があります。

気配りや臨機応変な対応が出来るスキルが必要

先ほどの礼儀やマナーが出来ても、お客様である役員に対して気配りが出来なくては、役員に信用信頼して運転を任せてもらえません。常日頃から役員の行動や性格を把握し、ちょっとした気配りが出来るようになっておく必要があります。また、運転する以上、想定外の渋滞や事故に巻き込まれることもあります。その際に、焦る役員に気配りをしたり、迂回できる道がないか確認したりと臨機応変な対応が出来ることもとても大切です。

安全運転が出来ること

当たり前に感じるかもしれませんが、最も大切なことです。安全運転とは運転技術だけではなく、焦らず心に余裕を持った運転が出来るかどうかも含まれます。役員ともなればスケジュールがギッシリと組み込まれており、時間通りに到着しなければならないというプレッシャーを感じながら運転しなければいけないことも多々あります。どんな状況でも余裕をもち、安全運転をすることは何よりも大切なスキルなのです。

求められるスキルは他にもたくさん

運転手の派遣は一般労働者派遣のひとつで、派遣期間は最長で3年です。勤務中は派遣先のルールに従って働きますが、給与は派遣会社から支払われます。