修士や博士の学位を持つ人は様々な現場で重宝される

プラント施工管理の仕事は、各種設備が円滑に作動し生産の遅れを生じさせないためにとても重要なものといえます。こうした仕事を担当するためには、プラント内での実務経験はもちろんのこと、機械や建築、電気などの理系分野の修士や博士の学位が必要となることもあります。特に、国内の有名なメーカーで施工管理の仕事に就きたい場合には、新卒や中途採用の選考に向けて大学院で学んだ内容についてきちんと整理しておくことが大切です。また、若手のプラントエンジニアをまとめるリーダーに就任するための条件は、メーカーの人事の方針やプラントの規模などによって違いが見られるため、求職中にしっかりと志望企業の事情を把握しておきましょう。

現場で働きながら資格取得やスキルアップを目指そう

プラント施工管理の仕事の待遇は、様々な工業系のエンジニアの中でも基本給や手当、福利厚生などの面で優れており、多くの求職者の間で魅力のある仕事として高く評価されています。そうした中、将来的にプラント内で活躍をするために、現場で働きながら日々の業務に必要な事柄を学ぶだけでなく、業務に役立つ資格の取得を目指すのもおすすめです。企業によっては、プラント施工管理に携わるエンジニアに向けて業務の合間や終業後に資格取得のための勉強会やセミナーを開いたり、有資格者が相談を受け付けたりしているところもあります。そこで、資格取得に興味がある人は、それぞれのメーカーで行われている人材育成の取り組みについてよく調べておくことが大事です。

プラントから造られているものはたくさんあります。例えばお菓子や消しゴムはプラントで造られています。プラントの施工管理は、そうした製品を生産する上で重要な仕事です。